自分の棚卸しをする

まず最初に自分自身を知ること

自分シナリオで最初にやることは

自分自身のやってきたことを見直して

自分の棚卸しをすることです。

人生の棚卸し

小さい頃ってどんな子供でしたか?

三つ子の魂百まで

ではないですが、

今の自分自身は

小さい頃の自分の行動、考えが元になって

成り立っていると考えると

まずは、そこを確認することから始めてみましょう。

 

私は、小っちゃい頃〇〇な子供でした。

その理由は、〇〇です。

 

小学校の頃の自分は?

小学校って、家族から離れた

集団行動を学ぶ時でもあります。

自我もだんだん確立されてきて

大人になっても当時のことが

記憶に残るようになります。

 

小学校の時に、〇〇を褒められた。

そのことによって〇〇を考えるようになった。

 

中学校の頃の自分は?

中学校になると

自分のことについてより深く

考えるようになります。

 

中学校の時に、一番気になっていたこと(人)は〇〇だった。

なぜかというと〇〇だったからです。

 

高校の頃の自分は?

高校生になると

大人の目も意識しながら

いろいろなことにチャレンジしたくなる頃です。

 

 

高校生の時に、一番興味があったのは〇〇だった。

なぜかというと〇〇だったからです。

 

大学生の頃の自分は?

大学生になると

自分で生活を決めて活動するようになります。

 

大学生の時に、一番力を入れていたことは〇〇でした。

そのことによって〇〇をするようになった。

 

大人になって

  • 持ってるスキルは
  • アピールする実績は
  • 成功・失敗体験談
  • 興味あるもの
  • 仕事の中身
  • 人脈
  • ライフスタイル
  • 趣味
  • 価値観

等の項目について

自分自身がどのような変遷で考えてきたかを

確認して、書き出してみましょう。

 

一年後の自分に約束する
自分シナリオ描いてみませんか

 16dec003

自分シナリオ

一年後の自分に約束する
自分シナリオ描いてみませんか

ogpphot-1

 

 
 

 

まずはお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です