充実感を感じながら行動する方法

 些細なことでも全力を尽くしてやってますか

ちょっとした雑用などを頼まれたとき

めんどくさいなあ

とか感じることありますよね。

 

そんときでも

全力で対応してみると

新しいものが手に入ることあります。

 

前向きな充実感の獲得

image-editing-101040_640

どんな雑用であっても
そこに全力を込めれば
前向きな充実感を獲得できる。

先日、ご縁があって
ある会社さんの
モニターのアンケートを書きました。

ちょっと興味深い内容だったので
それなりに真剣に書いて
提出したつもりだったのですが、
なんち2か所も回答が漏れていたことを
確認されました。

あれ?
自分では、完璧に書いたつもりだったのに。

その後に
今度は別のところで、
申し込み用紙の後に
よろしければ
簡単なアンケートを書いてと言われたので、

今度こそはモレがないようにと
よ~く内容を確認しながら、
メチャメチャ真剣に書き込んで
提出したら
「あら、こんなに書いていただいてうれしいです!」
とほめていただきました。

そのときに、
文頭に言葉を
思い出しました。
昔、会社の上司に言われた言葉ですが

今頃になって、気が付くなんて。

アンケートは雑用ではないですが
どんなことにも
真剣に対応することが
日々を楽しむコツですよね。

 

頼んだ側の人の気持ちになってごらん!?

ちなみに、上司がそのときに教えてくれたこと。

些細な頼まれごとを楽しむコツは
頼んだ相手の目線になってみればいいよ。
自分が、頼んだ人間だったら
どうしてほしいか
答えが出るから。

確かに。

頼んだ方とすれば

いろいろな思惑があって頼んでいるんのかもしれません。

 

見た目は大したことないことかもしれないが

その先に重要なことが繋がってるとか。

 

それをやらないと後々困ることがあるとか。

 

様々な理由で

「ちょっと、お願い!」

と言ってることが多い気がします。

 

そんな気持ちがわからずに

雑用頼まれた程度で受け取っていると

ついついルーズにやってしまったり、

漏れがあったり。

 

中には、一つ漏れがあるだけで

今までの全てがダメになることもあるかもしれません。

 

そんな時に

頼んだ人の気持ちになってみると

いろいろなことが見えてきて

完璧にしなければと

気持ちが切り替わることもあります。

 

気持ちが違うと

やることもしっかりできるようになる。

 

そんな進み方をしたら

やり終わった後の

達成感とか

充実感が

全く違ったもにになっているかもしれません。

 

第一、気持ちよくなる自分がいる。

 

これを得られるだけでも

頼まれごとをやった価値があると思います。

 

気持ちを切り替えてみる。

 

ちょっと気にしてみませんか。

 


自分シナリオ

一年後の自分に約束する
自分シナリオ描いてみませんか

ogpphot-1

 

 

 

 

まずはお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です