他の方がスピーチするの、とても興味深く聞いています。

伝えたい内容が何なのかを聞き分けて受け取る。

話す人への礼儀と思っています。

でも正直、

聞いてて、何を言いたいのかな〜と思うような内容では

途中で、心が離れていくことも無きにしもあらず。

自分もそう思われているのかななんて考えると

聞いてもらっている方に悪い気もします。

 

ならば、上手な人の真似しちゃいましょう。

ということで、

スピーチな上手な人について考えてみました。

 

「思わずメモしちゃいました!」と言われるスピーチ

notepad-1566413_1280

先日、交流会である方がスピーチした後の歓談中に

別の方がスピーチした方へ近寄ってきて

「思わずメモしちゃいました!」

という光景に出会いました。

 

確かに!

とても上手なスピーチだったのです。

 

何がって、話の全て!

 

お花の関係の仕事をしている方だったのですが、

花に関してのことは、ほぼ話していない。

 

今日のニュース的な話から始まって

突然過去の人の紹介。

そして、最後にオチがちょっとだけ花のことにつながる。

 

そんな内容でした。

 

その交流会は四十人ほどの方が参加だったのですが、

ダントツ一番。私も印象に残っています。

 

それも不思議と

「あの、花屋さん」

として。

 

何でかな〜。

 

同じことをそのままパクっても

今日の話題は日々変わってしまうし

過去の人の紹介もそれほど目新しいことではないし。

オチがあるところにつなげるようにするには

結構大変だし。

 

でも、自分もスピーチして

「思わずメモしちゃいました!」

って言ってもらいたいし・・・

 

で、気になってずっと考えていたんです。

 

自分の言葉で感動のポイントを述べる

policy-825554_1920

で、行き着いた答えが

上手に話す人の特徴は、

自分の言葉で感動のポイントを述べている

ということでした。

 

今日のニュースは気を引くのには最適ですが、

ニュースをありのまま伝えても

テレビのアナウンサーみたいで、

ふう〜んと思われるだけです。

 

でも、それを自分の言葉に翻訳して

伝えたいところを自分がどこに驚いたのかということを

驚きの言葉とともに言ってみる。

 

そして、一変して

過去の偉人が何を言っているのかを引き出してきて

自分がどこが気になっていたのかを

自分の言葉で説明する。

 

そして、

2つのことを結びつけるキーワードを

(本人はもちろんここを考えて最初から話しているのですが)

自分の言葉で伝える!

 

単なる聞き伝えでない、ストーリーがしっかりと出来上がっていました。

上手いな〜

 

ちょっとでも真似できればと思って

虎視眈々と日々のニュースをチエックしています。

 

一年後の自分に約束する
自分シナリオ描いてみませんか

ogpphot-1

 

 

 

 


自分シナリオを体験してみませんか?

自分のコンセプトを掘り起こして
”売り込み”のストレスを軽減セミナーに参加して「自分シナリオ」を体験してみませんか?

まずはお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です